• 日常研究家のカス社会人

鶯谷の朝は尊い ~あの娘もデリヘル嬢なのか~(20190902)


◇朝6時の鶯谷駅にて

駅から出口に向かう若い女性とすれ違う度にふと考えてしまう・・・。


「あの娘ももしかしたら・・・」


そんなワクワクと、どきどきに満ちあふれているのが鶯谷の特徴だと思う。


◇他人の生活を想像してみる

電車に乗っているとき、ご飯を食べているとき、様々な場面で僕たちは他の人の人生を想像している。

そして憧れや嫌悪感を示すのだと思う。


日常の一人ひとりに何かしらのストーリーを考えると本当に楽しい。

まるでその人が自分の知り合いの様に感じるし、日常が彩られる気がする。


鶯谷という土地柄、僕は表題のようなことを勝手に妄想するわけだけど、それ以上でもそれ以下でもない。


◇イライラしている人だって居る

電車に乗っているときとか、映画館とかでやたら攻撃的な人がいる。

大きな声で自分の主張をしている人たちが。


そんな人の人生も想像すると、ただのやべー場面ではなくなると思う。

例えば・・・


・奥さんと喧嘩してしまって不機嫌なのか

・その場所で過去にトラウマになるような出来事があったのか

・会社でいつも怒られてばかりで誰かに当たりたいのか

・自分を認識してほしくてどうしようもなく不安だから叫ぶのか


本当の他人の人生を想像したい。

そこから自然な助け合いも生まれるのかもしれない。






43回の閲覧